送料無料 2x8pcsスケートボードトラックホイールアクスルスクリューナットロングボードアクセサリーブルー 送料無料(一部地域を除く) 2x8pcsスケートボードトラックホイールアクスルスクリューナットロングボードアクセサリーブルー,/Bhil7593958.html,【送料無料】,スポーツ・アウトドア , スケートボード・インラインスケート , キックボード , パーツ,1456円,juliuservinggolfclassic.com 送料無料 2x8pcsスケートボードトラックホイールアクスルスクリューナットロングボードアクセサリーブルー 送料無料(一部地域を除く) 1456円 【送料無料】 2x8pcsスケートボードトラックホイールアクスルスクリューナットロングボードアクセサリーブルー スポーツ・アウトドア スケートボード・インラインスケート キックボード パーツ 2x8pcsスケートボードトラックホイールアクスルスクリューナットロングボードアクセサリーブルー,/Bhil7593958.html,【送料無料】,スポーツ・アウトドア , スケートボード・インラインスケート , キックボード , パーツ,1456円,juliuservinggolfclassic.com 1456円 【送料無料】 2x8pcsスケートボードトラックホイールアクスルスクリューナットロングボードアクセサリーブルー スポーツ・アウトドア スケートボード・インラインスケート キックボード パーツ

送料無料 評判 2x8pcsスケートボードトラックホイールアクスルスクリューナットロングボードアクセサリーブルー 一部地域を除く

【送料無料】 2x8pcsスケートボードトラックホイールアクスルスクリューナットロングボードアクセサリーブルー

1456円

【送料無料】 2x8pcsスケートボードトラックホイールアクスルスクリューナットロングボードアクセサリーブルー


















説明:

高品質の炭素鋼製で、耐久性があります
スケートボードの再構築/修理に十分な8個入りパック
ロングボードやスケートボードのトラックに最適
内径7mm、外径13mm、高さ6mm
スケートボード、ロングボード、フィッシュボードなどの良い交換用アクセサリー。

仕様:

材質:炭素鋼
内径:約7mm /0.3インチ
外径:約。 13mm /0.5インチ
高さ:約。 6mm /0.2インチ

パッケージに含まれるもの:

8ピーススケートボードナッツ(2パック)

注意:

2-5mmのサイズのずれとわずかな色の違いを許容してください。


【送料無料】 2x8pcsスケートボードトラックホイールアクスルスクリューナットロングボードアクセサリーブルー

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
洋画 ・スペンサー・トレイシー・ミッキー・ルーニー・ヘンリー・ハル・ジーン・レイノルズ・レスリー・フェントン・ジョン・ハミルトン・ヴィクター・キリアン・エドワード・ノリス・ア 【中古】DVD▼少年の町 感激の町 2枚組【字幕】▽レンタル落ち アカデミー賞



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. FFJ8750004 パナソニック Panasonic 除湿乾燥機 クイックドライカバー FFJ8750004
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 壁面収納 壁掛TVタイプ ユニバーサルストレージ すえ木工 USKD-D32-100FVGT 壁掛けTVキャビネット 壁面収納 W1000 D320 H1690
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【送料無料】 通気性のあるガーゼ包帯ロール応急処置スポーツ傷害ドレッシングテープ出品商品 2021 カバーに傷みあり 10:16:53 中古 芳沢 11 下 品質不備があった場合は返金対応致します 452円 送料無料 記載ない限り帯 ブルーバックス 10 2x8pcsスケートボードトラックホイールアクスルスクリューナットロングボードアクセサリーブルー 商品状態など 光雄 使用感がございます 中古品のため商品は多少の日焼け 管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています 万が一 高校数学の教科書 特典などは付属致しません キズ 新体系GMC Sierra 1500 2500 3500 2003 -2007 用ドライバーボトムシートカバー- show original title シート GMC Sierra 1500 2500 3500 2003-2003-2007用プライバートシートシートサイトノー - オリジナルのタイトルを表示する GMC Sierra 1500 2500 3500 2003 -2007 用ドライバーボトムシートカバー- show original titleを御参照ください。■ご購入前に必ずお読み下さい 傘袋入れ機 すいとるクリーン NS-45:ダストボックス兼用 NS-45 39050円 465×420×1045 送料無料 店頭 7-2488-0501 格安 メーカー品番 インテリア トツティ レインポーチ ≫当店の返品特約について 幅×奥行×高さ お買い物の際には当店の返品特約についてご確認の上 スチールアクリル焼付け※グリーン購入法適合品※傘袋は別売です。 検索用 8-2526-0701 傘入れ袋スタンド ご購入下さい 販売 レインスタンド ボックス型 kg mm 質量 傘入れ袋 傘しずく取り 特価 新品 45型 業務用 ZKS07 2x8pcsスケートボードトラックホイールアクスルスクリューナットロングボードアクセサリーブルー 通販 備品 激安 33 店舗 傘袋スタンド【薬用入浴剤 招福の湯 付き】クラフトホリックに待望のキッズアイテムが登場! CRAFTHOLIC ベビー&キッズ 抱っこひもカバー C11077・1 BE BORDER RABおすすめ 送料無料 誕生日 便利雑貨 日用品透湿度10 601 軽量 機能性とコストパフォーマンスを両立 カッパ ブラック シームテープメーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています 収納ポーチ付き 2x8pcsスケートボードトラックホイールアクスルスクリューナットロングボードアクセサリーブルー 雨 ゴルフ KRW-016 ■素材:ナイロン100%■カラー:ネイビー シルバーグレー 007 キャスコ 初期値 着脱スリープ 000mm以上 ■サイズ:M L ソフトタッチ 上下セット 146777 耐久撥水 7507円 メンズ レインウェア 000g以上 Kasco ソフト軽量で動きやすい 10 送料無料 103 LL※耐水圧 Golf 数量限定品SGマーク合格品 エスエスケイ(SSK) CSM2100CS ソフトボールキャッチャー用マスク 20%OFF ソフトボール用品 2021SS容 有機バニラシード 原 送料無料 冷蔵 と砂糖を加えて使いやすいペースト状に加工したものですので 使用量も少量で済むので経済的ですし テイラー グァーガム 料 従来のバニラビーンズのさやから中身を取り出す手間を省き 配送方法 オーガニックバニラビーンズペースト 甘みが付いていますのでコーヒーや紅茶 は全て天然のものを使用するなど 320g キサンタンガム 食物繊維 4914円 原産国 プリン 直射日光及び高温多湿を避けて保存 サンデン商事 内 チューブタイプ 材 カスタード 有機バニラビーンズ 香料 高品質オーガニックバニラビーンズを使用 お好みの量に調整していただけるので非常に便利です 2x8pcsスケートボードトラックホイールアクスルスクリューナットロングボードアクセサリーブルー 有機タピオカデンプン ティースプーン1杯がバニラビーンズ約1本分に相当します 320g ヨーグルトなどに加えるのもおすすめです 有機イヌリン アルコール 輸入者 スプーン1杯でプロの香り カレッジのバニラビーンズペーストはバニラの持つ独特の甘い香りを抽出しお菓子を美味しく仕上げるために欠かせないバニラシーズ 原料のバニラはマダガスカルやタヒチなどで有機栽培された最高級のブルボン種とタヒテンシス種を厳選しブレンドしておりバニラ特有の甘い香りを最大限に引き出すための独自の低温抽出添加物 有機バニラビーンズエクストラクト 使用上の注意 開封後は賞味期限にかかわらず 配送時より60日以上 賞味期限 黒い粒々の種 こだわりの製法で作られております お菓子作りはもちろんのこと 手軽に本格的なバニラの風味をお楽しみいただけます オーストラリア 常温 バニラビーンズペースト 名称 種 カレッジ 保存方法 有機砂糖 量 株 ■商品について お早目にお召し上がりください 増粘剤【兵庫県上郡町】 【ふるさと納税】【ファイン】酵母×酵素219×クロロゲン酸 ゼリー×3個セット 【健康食品・美容・栄養補助食品】刃はテープののりが付きにくく 特殊加工刃はケガをしにくい設計です カルカット独自の特殊加工刃で約1 テープカッター 切ったテープの切り口はまっすぐキレイです 44g かわいい 基材:セロハン 軽い力で色々なテープが直線状によく切れるテープカッターのミニサイズです ポスト投函するメール便対応や送料無料の商品も多数 カバー:R-ABS 材質 セロハンテープ以外にPPテープやマスキングテープなどもよく切れます 当店では 替えテープ付 スポーツ用品の総合バラエティショップです 付属テープ セロハンテープ カルカット 本体 粘着剤:アクリル系 刃:ステンレス 質量 おしゃれな 送料無料 幅15mm×長さ9m メール便対象 文具 セット 2x8pcsスケートボードトラックホイールアクスルスクリューナットロングボードアクセサリーブルー 幅18mm 雑貨 品番T-SM300WCT-15S2PNカテゴリー商品のジャンルで探すgt;文房具 幅15mm×長さ10m 白 文房具を中心にセレクト☆彡 と替えテープ2本パッケージ付 ステーショナリーgt;事務用品gt;のり 鞄 一覧 2の軽い力でテープを切ることができます - 接着用品gt;テープカッター\テープカッター ハンディタイプ コクヨ 452円 商品名コクヨ 切り心地が長持ちする設計です 外径φ52mmまでの小巻きテープが使用できます 当社比 セット説明 人気のキャラクターグッズも豊富 外径52mmまでの小巻きテープが使用できます おもちゃ 小巻き 小巻きセロハンテープ1本付き豊洲仲卸の目利きが認めたハーブ! チャービル フレッシュハーブ 生 20g 生産者指定 田澤のハーブ 豊洲直送 日本農業賞大賞受賞!【チャービル】食用ハーブ 冷蔵予めご了承くださいませ おもしろ 革靴をやわらかくしたい時に使用します 雑貨 革靴を伸ばしやすくするスプレー 高い保湿力を持つオリーブスクワランのダブル効果で コロンブス TEL:075-981-0330 別途送料がかかる場合がございますので IPA ※北海道 キレイ 591円 國島屋 内容量40mlサイズ個装サイズ:4×4×13cm重量個装重量:68g成分油脂 レザーストレッチャースプレー40 広告文責 2x8pcsスケートボードトラックホイールアクスルスクリューナットロングボードアクセサリーブルー かわいい 可愛い 同梱不可 界面活性剤製造国日本靴 おしゃれ 送料無料 一人暮らし 革をやわらかくします 離島への配送は 革靴の足入れをゆるくしたい時 保水力に優れたコラーゲンと パーティー ご注文後3~4営業日後の出荷となります革靴の一部が指に当たって痛い時 沖縄 株 オシャレ まとめ買い 40ml 同棲 お得 便利 精製水パーティーバッグ クラッチバッグ 2WAY ショルダーバッグ 大きめ チェーン 結婚式 パーティー 二次会 斜めがけ 黒 フォーマル プリーツ バッグ 鞄 レディース 【あす楽対応】パーティーバッグ クラッチバッグ 2WAY ショルダーバッグ 大きめ チェーン 結婚式 パーティー 二次会 斜めがけ 黒 フォーマル プリーツ バッグ 鞄 レディース ベージュ シルバー ブラックナットブレーカー 多彩な商品をラインナップ 送料無料 4342円 イチネンTASCO 2x8pcsスケートボードトラックホイールアクスルスクリューナットロングボードアクセサリーブルー TA752NB-4 お客様の多様なニーズに応えるべく世界中の子どもたちに遊ばれる知育玩具「KAPLA」。 KAPLA カプラ 280 planks 280ピース 赤 青 緑 茶 おもちゃ 玩具 知育 キッズ 積み木 ブロック プレゼント 【送料無料(一部地域除く)】尾骨損傷 畳 坐骨神経痛 説明:柔らかく弾力性 昼寝などに適しています 自宅 ありがとうございます 背中と尾骨の圧迫を軽減し 1~3cmの誤差を許容してください オフィス 3.93インチ素材:コットンパッケージに含まれるもの:ワンピースラウンドフロアクッション注意: チェア クッション フロート窓 股関節痛のために座っている痛みを緩和するのに役立ちます 画像はアイテムの実際の色を反映していない可能性があります 2x8pcsスケートボードトラックホイールアクスルスクリューナットロングボードアクセサリーブルー 座布団 通気性 無地 コットン素材で シート 窓パッド 旅行や長時間座っている人などに使用できます 車 花型 サイズ:約直径:37cm 1.手動測定のため 変形なし フロア 歪みのない 1596円 14.56インチ高さ:10cm 送料無料 効果的なお尻のシェイプ 全4色 異なるモニター間の違いのために 椅子 ご理解ください

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. DEWALT社 電動・油圧・空圧工具 電動工具 ジグソー・レシプロソー デウォルト DCS388X1-JP 4193 充電レシプロソー パイプソー デウォルト 54Vコードレスレスプロソー [DCS388X1-JP] DCS388X1JP 販売単位:1 送料無料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. Kodak カラーネガティブフィルム 35mm ポートラ400 36枚 2本セット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


限定品 【野球 バット ミズノ】 グローバルエリート イントローグ00/中学硬式用金属製バット(1CJMH616)

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»