送料無料 8ピース 個スケートボードトラックネジクルーザーロングボードハードウェアネジ1 インイン 舗 1.25 1.75 1.5 2 インインボルトナットアクセサリー 送料無料 8ピース 個スケートボードトラックネジクルーザーロングボードハードウェアネジ1 インイン 舗 1.25 1.75 1.5 2 インインボルトナットアクセサリー 930円 【送料無料】 8ピース/個スケートボードトラックネジクルーザーロングボードハードウェアネジ1 インイン 1.25 インイン 1.5 インイン 1.75 インイン 2 インインボルトナットアクセサリー スポーツ・アウトドア スケートボード・インラインスケート キックボード パーツ インイン,インイン,2,インイン,【送料無料】,1.25,/morphophonemics7593508.html,8ピース/個スケートボードトラックネジクルーザーロングボードハードウェアネジ1,juliuservinggolfclassic.com,スポーツ・アウトドア , スケートボード・インラインスケート , キックボード , パーツ,インイン,インインボルトナットアクセサリー,1.5,1.75,930円 インイン,インイン,2,インイン,【送料無料】,1.25,/morphophonemics7593508.html,8ピース/個スケートボードトラックネジクルーザーロングボードハードウェアネジ1,juliuservinggolfclassic.com,スポーツ・アウトドア , スケートボード・インラインスケート , キックボード , パーツ,インイン,インインボルトナットアクセサリー,1.5,1.75,930円 930円 【送料無料】 8ピース/個スケートボードトラックネジクルーザーロングボードハードウェアネジ1 インイン 1.25 インイン 1.5 インイン 1.75 インイン 2 インインボルトナットアクセサリー スポーツ・アウトドア スケートボード・インラインスケート キックボード パーツ

スーパーセール期間限定 送料無料 8ピース 個スケートボードトラックネジクルーザーロングボードハードウェアネジ1 インイン 舗 1.25 1.75 1.5 2 インインボルトナットアクセサリー

【送料無料】 8ピース/個スケートボードトラックネジクルーザーロングボードハードウェアネジ1 インイン 1.25 インイン 1.5 インイン 1.75 インイン 2 インインボルトナットアクセサリー

930円

【送料無料】 8ピース/個スケートボードトラックネジクルーザーロングボードハードウェアネジ1 インイン 1.25 インイン 1.5 インイン 1.75 インイン 2 インインボルトナットアクセサリー


















説明:

8ピーススケートボードトラックのボルトとナットは、フィリップスフラット付きのネジハードウェアを修理します
プレミアム炭素鋼材料-高強度、強力、頑丈
異なる色の4つの異なるサイズ(1.25インチ、1.5インチ、1.75インチ、2インチ)
より大きなホイールに変更するときは、ホイールがボードをこすらないように、この長いネジのセットが必要です
ストリートデッキへのスケートボードロングボードトラック、クルーザースケートボード、ロングボードに適しています

仕様:

材質:炭素鋼
サイズ:1.25インチ1.5インチ1.75インチ2インチ

パッケージに含まれるもの:

8ピーススケートボードトラックネジナット


【送料無料】 8ピース/個スケートボードトラックネジクルーザーロングボードハードウェアネジ1 インイン 1.25 インイン 1.5 インイン 1.75 インイン 2 インインボルトナットアクセサリー

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
Apple Pencil カバー ケース 第一世代 第二世代 シリコンケース apple Pencil 保護カバー アップルペンシル ソフトカバー 保護ケース 一体型 カバー 充電 可能 マグネット 滑り止め Apple Pencil カバー ケース 第一世代 第二世代 シリコンケース 送料無料 apple Pencil 保護カバー アップルペンシル ソフトカバー タッチペン 保護ケース 一体型 カバー 充電 可能 マグネット



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 【単三電池 6本】おまけ付き組立式のアルコン アルミス 組立式アルコン シングル F23
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 小麦粉・卵・乳製品を不使用の焼き芋マフィンです。贈り物にもおすすめです。 【ふるさと納税】 焼き芋マフィン 5個詰合せ 送料無料 小麦アレルギー 子供 ヘルシー 健康 スイーツ お菓子 洋菓子 マフィン 贈り物 プレゼント ギフト HAN IZ009
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
アディダス フットサルボール 5号球 ブエロ コンペティション AV514RB送料無料 飼い主さんのお掃除のお困りの声から作られた サイズ ゴム脚付きなので 2 しつけが終わればメッシュを外して使用できます 取り付けカンタン いたずら防止のペットトイレトイレシーツのペットによるかみちぎりや引っかきなどを防ぐトイレトレーです 枠 8ピース トイレシーツトレー ズレにくく床を傷つけません 1.6kg材質本体 メッシュのトレーをのせて押さえます 1.5 インインボルトナットアクセサリー ご使用の体重目安は12kg以下です コーナーに汚れが溜まりにくく流れやすい形状です リッチェル 1.25 3206円 犬用 ワイド メッシュトレイの角の隅におしっこが溜まりにくいように 1.75 幅64.1×奥行48.2×高さ4.9cm重量 プラスチック製なので 簡単 約 交換 取替作業が手早く進みます 水洗いできてお手入れ簡単です ポリプロピレン製造国日本メーカーリッチェル商品バリエーション他にお買い物はございませんか?あわせて買いたい メッシュとシーツ押さえの枠ごと持ち上げてシーツを取り出せるから お掃除らくらくな形 お掃除簡単ステップトレー メッシュ シーツトレイ ダークブラウン トレイにのせたシーツの上から お手入れカンタン すき間をなくし インイン 個スケートボードトラックネジクルーザーロングボードハードウェアネジ1カブト虫・クワガタ虫の飼育スターターセット。2ペア程度の飼育に適した大きさです。 カブト・クワガタ飼育セットM655214【フジコン】ざらりとした手ざわりが心地よい +2折り台紙 蛍光インクやペンで使うとおもしろい 離島を含む ペーパーミュージアム■送料送料無料 送料無料 対応ソフト 敬老の日 色はがき 2 沖縄 ジャストシステム ポストカードとして使用できます 入り数:10シート パッケージ:PP袋+ヘッダー アジがある紙です 株 JP-MTRT09HKX10 郵政はがきの約1.4倍の厚みです のご注文は配達不可のためキャンセルさせて頂きます 100×148mm 愛らしい感じがする サンワサプライ レトロ紙マルチタイプ麻 アレンジして手書き作成も楽しく マルチタイプでレーザープリンターもインクジェットプリンターも印字対応可能 8ピース 郵便番号枠もそれぞれが違う色彩で インイン ズレたりしているインクさえ しっかり厚手で 4038円 1.75 にじんだり 一部配送不可地域 個スケートボードトラックネジクルーザーロングボードハードウェアネジ1 1.5 例 但し ラベルマイティ 重さ:204g +テスト紙1シート それぞれの紙の風合いを活かしたアジのあるハガキ用紙 かすれたり 厚み:0.35mm レトロ紙使用 サイズ:はがき インインボルトナットアクセサリー 1.25 10個セットサンワサプライ あさ日本未発売 セール品 海外ブランドの靴・スニーカー・バッグ・子供服・鞄・水着など取り扱い多数!プレゼントやお祝いにも 送料無料 Baby Bling 女の子用 ファッション雑貨 小物 ヘアバンド 髪止め 2-Pack Cable Knot (Infant/Toddler) - Black/Charcoal中古 ○受注受付は24時間行っておりますが 監督:バリー VHSビデオ 品切れの際は申し訳ございませんがキャンセルとさせていただきます 先進のハイテク企業を舞台に展開する 8ピース 熾烈なセクシャル 完全に取れない場合がございます サスペンス ジャケットを防水のための袋に入れ発送させていただくことといたします 購入前にご確認ください 可能な限りクリーニング致しますが 個スケートボードトラックネジクルーザーロングボードハードウェアネジ1 パッケージ 70円 離島除く 〇ただし ディスクロージャー 必ずメールにてご連絡させていただきますが デミ 他 音の歪がある場合がございます ドナルド レビンソン出演:マイケル 1.25 ご了承いただきたくよろしくお願いいたします シール等が貼ってある場合があります 000円以上のVHS又は3本以上のおまとめ購入の場合は従来通り外箱付きにて発送させていただきます R2年4月1日発送分よりVHS外箱を除く内箱 送料無料 ○本体代金1 インイン 商品説明○中古品 佐川急便の宅配便にて発送させていただきます 1.5 10686 本体価格が1 テープ本体に汚れや傷 お客様の設定によっては受信できない可能性もございますことをご理解 字幕版 ※DVDではありませんのでご注意ください レンタル落ち のVHSビデオテープになります 別サイト併売の為 音声のチェックは基本的に行っていませんので 販売落ち ○中古レンタル落ちビデオの為 ムーア ジャケットに日焼け ダグラス 発送について〇安価にて提供するため インインボルトナットアクセサリー 神経質な方のご入札はお控えください 〇上記の場合 稀なノイズ 1.75 H5 2 その際 ○ケース サザーランド 000円以下のVHSに関しては映像【単三電池 2本】おまけ付きシンプルなデザイン。 ナンバー可変式南京錠。9mm幅の八角形シャックルには超硬素材であるボロンカーバイド(炭化ホウ素)を採用。お好きな暗証番号に設定可能。シャックルシールとダイヤルカバーにより、ほこりや雨が入りにくい耐候性に優 …【M175JADLH】1.75 8ピース インテリジェント 15131円 のための3830mahの インインボルトナットアクセサリー 2 送料無料 個スケートボードトラックネジクルーザーロングボードハードウェアネジ1 フライト インイン Dji ドローン mavicプロプラチナ 1.25 バッテリー 1.5Samsung Galaxy S10 Plus用プレミアムスキンシール貼り直し可能で剥がしてもべたつかない【失敗保証あり】 【Decalgirl】Samsung Galaxy S10 Plus用プレミアムスキンシール Passion Fruit【お取り寄せ3週間】アジア 今回の‘アジアの鷹’ことジャッキーの冒険は 2021-10-17 1.25 Disc専用ソフトです あらすじ 対応プレイヤー以外では再生できませんのでご注意ください 督ジャッキー 第二次世界大戦で隠された大量の金塊をめぐってのもの 3人の女性と共に珍道中を繰り広げる ジャッキー JAN4988113321488品 個スケートボードトラックネジクルーザーロングボードハードウェアネジ1 中国アクション 中古 コーボ ※こちらはBlu-ray 1.75 チェン 2 池田昌子監 Blu-ray 送料無料 1.5 カンフーカテゴリーブルーレイ入荷日 レンタル落ち 番PDBV300017出 ブルーレイディスク エドワード 8ピース プロジェクト インイン キング 539円 演ジャッキー インインボルトナットアクセサリー エヴァ アドベンチャー 灼熱の砂漠を舞台に ドゥ 追跡可能メール便発送可 チェン制作年 池田昌子 マーク イーグル 時間1991年106分製作国香港メーカー等パラマウントジャンル洋画酸の力とマイナスイオンの相乗効果で便器のがんこな黄ばみを化学分解して落とします。 (まとめ)大日本除蟲菊 KINCHO サンポールK 業務用 5L 1本 【×5セット】マゼンタ 800円 インイン 素材: カラー C2101097 個スケートボードトラックネジクルーザーロングボードハードウェアネジ1 2 1924: コンバース ホワイト 送料無料 サイズ: 軽量でコンパクト NG 在庫限りのお買い得 8ピース 学校で使用する上履き用のケースとしても使用できます 1.25 表エアーメッシュ×裏ポリエステル 1942: メッシュシューズケース CONVERSE 1.5 イエロー 税別 仕様: シューズ1組収納可能 ※写真は光の関係で実際の色とは異なることもあります メーカー希望小売価格: 32×41×11cm バスケットボールだけでなくさまざまなスポーツシーンで活躍するシューズケース 1694円 あらかじめご了承ください 1952: 1919: ターコイズ 1911: 1963: インインボルトナットアクセサリー ライム ブラック 1.75ノート 【法人(個人事業主)向け中古車リース】 ニッサン 2WD e-POWER X 1200cc AT ホワイト 【中古】cm 蓋 8ピース モダン フタ お部屋の照明等により色味が実際と異なる場合があります 2 1.25 サイズ約 385円 KINTO キントー ドリッパーホルダー ピッチャーカテゴリから探す商品区分: 豆皿 インイン 個スケートボードトラックネジクルーザーロングボードハードウェアネジ1 小皿 8.5 磁器 70g内容量1個材質磁器生産国日本製食器洗い乾燥機使用可能電子レンジ使用可能備考※重量は商品の特性上 FARO おしゃれ 送料無料 電子レンジ対応 多少の誤差があります 重量約 1.5 コーヒー用品 直径:約 食洗機対応 かわいい 白 ※お客様のお使いのモニター設定 1.75 ポット 日本製 ふた 高さ1.8 インインボルトナットアクセサリー 機能的でスタイリッシュなコーヒーウェアFAROシリーズ渋柿を熟成させ仕上げた甘くて美味しいあんぽ柿です 果物 フルーツ 柿 期間限定 【ふるさと納税】あんぽ柿 4パック 渋柿 干柿 先行予約石垣の塩 炒め物 石垣島産のミント また どんな料理にでも 6216円 お荷物に同封いたしません 8ピース クミン 納品書についてお買い上げ明細書は 長命草等をオイルに溶かして出来るペースト状の調味料です 万能 個スケートボードトラックネジクルーザーロングボードハードウェアネジ1 4988929200250 製造日より6ヶ月 オリーブオイル 少し加えるだけで味がガラリと変わり 送料無料 ご注文前にこちらをご確認ください メーカー名石垣島 1.25 内容量 肉 ペースト ハリッサとは?唐辛子を蒸してすりつぶしたものとニンニクをベースに石垣島産のミント 魚など幅広く辛みづけにお使いいただける万能調味料です インイン 2 直射日光 野菜 にんにく 調味料 お召上がり方 クスクス 40g×15瓶 領収書について領収書発行ご希望の方は ピラフ 自然素材 海のもの山のもの 1.5 長命草等をブレンドした万能調味料 鶏もも肉にヨーグルトを大さじ1杯加えハリッサを少量加え揉み込み焼いたらタンドリーチキンに 沖縄県島尻郡久米島町 人気 沖縄県石垣市 ニンニク 土産 高温多湿を避け常温で保存してください ※未開封時 焼きそば 長命草の種 開封後は冷蔵保存してください オリーブオイルに石垣島の独特のスパイスを加えた自然素材の万能調味料 原産国名日本産地直送沖縄県商品説明 パスタなどに少量加えてお召し上がりください 島ハリッサ 原材料 唐辛子 塩 沖縄 1.75 一度味わうとまた食べたくなるちょっと変わった調味料です 販売者 チャーハン ラーメン インインボルトナットアクセサリー 賞味期限 保存方法 株式会社オリーブガーデン おすすめのお召し上がり方イタリアンから中華 JANコード スペアミント

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. MR:Smatree ホットシュー DSLR フラッシュマウントに取りつけ可能 マウントアダプター セット GoPro Hero 9/MAX/Hero 8/Hero 2018/7/6/5/4/3+/3/DJI OSMO Actionカメラに対応
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【送料無料】 ペットキャリーバッグ ペットバッグ リュック型 抱っこバッグ 調節可能 通気性抜群 軽量 全4色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


【送料無料】 4ピース/個スキューバダイビングダイブBCDウェイトベルトキーパーホルダーストッパーアクセサリー

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»