10500円 都城産ブランド豚『観音池ポーク』を使ったお鍋セット!体の芯からほっこりと温めてくれるお鍋、スープまでたっぷり楽しんでください♪ 【ふるさと納税】【冬特集】「観音池ポーク」豚じゃが団子鍋セット - 肩ロースしゃぶ バラしゃぶ 豚じゃが団子 無塩せきウィンナー 肉団子 濃縮スープ お鍋 おうち時間 送料無料 MJ-9219-OJ【宮崎県都城市は令和2年度ふるさと納税日本一!】 食品 精肉・肉加工品 豚肉 セット・詰め合わせ /morphophonemics7885108.html,肩ロースしゃぶ,MJ-9219-OJ【宮崎県都城市は令和2年度ふるさと納税日本一!】,豚じゃが団子,10500円,お鍋,無塩せきウィンナー,-,juliuservinggolfclassic.com,肉団子,濃縮スープ,都城産ブランド豚『観音池ポーク』を使ったお鍋セット!体の芯からほっこりと温めてくれるお鍋、スープまでたっぷり楽しんでください♪,おうち時間,バラしゃぶ,【ふるさと納税】【冬特集】「観音池ポーク」豚じゃが団子鍋セット,食品 , 精肉・肉加工品 , 豚肉 , セット・詰め合わせ,送料無料 都城産ブランド豚 観音池ポーク を使ったお鍋セット 体の芯からほっこりと温めてくれるお鍋 スープまでたっぷり楽しんでください ふるさと納税 冬特集 豚じゃが団子鍋セット - 肩ロースしゃぶ 宮崎県都城市は令和2年度ふるさと納税日本一 MJ-9219-OJ 無塩せきウィンナー 濃縮スープ 送料無料 お鍋 肉団子 おしゃれ おうち時間 バラしゃぶ 豚じゃが団子 10500円 都城産ブランド豚『観音池ポーク』を使ったお鍋セット!体の芯からほっこりと温めてくれるお鍋、スープまでたっぷり楽しんでください♪ 【ふるさと納税】【冬特集】「観音池ポーク」豚じゃが団子鍋セット - 肩ロースしゃぶ バラしゃぶ 豚じゃが団子 無塩せきウィンナー 肉団子 濃縮スープ お鍋 おうち時間 送料無料 MJ-9219-OJ【宮崎県都城市は令和2年度ふるさと納税日本一!】 食品 精肉・肉加工品 豚肉 セット・詰め合わせ 都城産ブランド豚 観音池ポーク を使ったお鍋セット 体の芯からほっこりと温めてくれるお鍋 スープまでたっぷり楽しんでください ふるさと納税 冬特集 豚じゃが団子鍋セット - 肩ロースしゃぶ 宮崎県都城市は令和2年度ふるさと納税日本一 MJ-9219-OJ 無塩せきウィンナー 濃縮スープ 送料無料 お鍋 肉団子 おしゃれ おうち時間 バラしゃぶ 豚じゃが団子 /morphophonemics7885108.html,肩ロースしゃぶ,MJ-9219-OJ【宮崎県都城市は令和2年度ふるさと納税日本一!】,豚じゃが団子,10500円,お鍋,無塩せきウィンナー,-,juliuservinggolfclassic.com,肉団子,濃縮スープ,都城産ブランド豚『観音池ポーク』を使ったお鍋セット!体の芯からほっこりと温めてくれるお鍋、スープまでたっぷり楽しんでください♪,おうち時間,バラしゃぶ,【ふるさと納税】【冬特集】「観音池ポーク」豚じゃが団子鍋セット,食品 , 精肉・肉加工品 , 豚肉 , セット・詰め合わせ,送料無料

都城産ブランド豚 観音池ポーク を使ったお鍋セット 体の芯からほっこりと温めてくれるお鍋 スープまでたっぷり楽しんでください ふるさと納税 冬特集 豚じゃが団子鍋セット - 肩ロースしゃぶ 超特価SALE開催 宮崎県都城市は令和2年度ふるさと納税日本一 MJ-9219-OJ 無塩せきウィンナー 濃縮スープ 送料無料 お鍋 肉団子 おしゃれ おうち時間 バラしゃぶ 豚じゃが団子

都城産ブランド豚『観音池ポーク』を使ったお鍋セット!体の芯からほっこりと温めてくれるお鍋、スープまでたっぷり楽しんでください♪ 【ふるさと納税】【冬特集】「観音池ポーク」豚じゃが団子鍋セット - 肩ロースしゃぶ バラしゃぶ 豚じゃが団子 無塩せきウィンナー 肉団子 濃縮スープ お鍋 おうち時間 送料無料 MJ-9219-OJ【宮崎県都城市は令和2年度ふるさと納税日本一!】

10500円

都城産ブランド豚『観音池ポーク』を使ったお鍋セット!体の芯からほっこりと温めてくれるお鍋、スープまでたっぷり楽しんでください♪ 【ふるさと納税】【冬特集】「観音池ポーク」豚じゃが団子鍋セット - 肩ロースしゃぶ バラしゃぶ 豚じゃが団子 無塩せきウィンナー 肉団子 濃縮スープ お鍋 おうち時間 送料無料 MJ-9219-OJ【宮崎県都城市は令和2年度ふるさと納税日本一!】







お鍋の美味しい季節になってきました♪♪

鍋パーティのメインを飾る、“都城産ブランド豚『観音池ポーク』”を使ったお鍋セットでお届けします。
観音池ポークは、豚肉特有の臭みが少なくやわらかい肉質なのでお鍋にもぴったり♪
豚じゃが団子や無塩せきウインナー・肉団子も揃ってますので、簡単にお鍋の完成です。


体の芯からほっこりと温めてくれるお鍋、スープまでたっぷり楽しんでくださいね♪

商品詳細
名称【ふるさと納税】
【冬特集】「観音池ポーク」豚じゃが団子鍋セット
内容量「観音池ポーク」
・肩ロースしゃぶ  300g×1パック 
・バラしゃぶしゃぶ 300g×1パック
・豚じゃが団子   280g(10個入り)×2パック
・無塩せきウィンナー100g×1パック
・肉団子      200g×1パック
 
・濃縮スープ    40g×2
(とんこつベース)
配送温度帯冷凍
消費目処または賞味期限製造日より冷凍保存180日
販売者あじさい館

本製品には枠内を塗りつぶしたアレルギー物質が含まれています。

乳成分小麦えびかに
落花生そばあわびいかいくら
オレンジカシューナッツキウイフルーツ牛肉くるみ
ごまさけさば大豆鶏肉
バナナ豚肉まつたけももやまいも
りんごゼラチンアーモンド魚介類

◆使用するアレルギー物質(27品目中)

卵・乳成分・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉
ページの上へ戻る

都城産ブランド豚『観音池ポーク』を使ったお鍋セット!体の芯からほっこりと温めてくれるお鍋、スープまでたっぷり楽しんでください♪ 【ふるさと納税】【冬特集】「観音池ポーク」豚じゃが団子鍋セット - 肩ロースしゃぶ バラしゃぶ 豚じゃが団子 無塩せきウィンナー 肉団子 濃縮スープ お鍋 おうち時間 送料無料 MJ-9219-OJ【宮崎県都城市は令和2年度ふるさと納税日本一!】

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
辺境から世界を変える ソーシャルビジネスが生み出す「村の起業家」/加藤徹生/井上英之【1000円以上送料無料】



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. ステンドグラス 目隠し 防犯 防音 断熱 ステンドグラス SH-C28 Cサイズ W289×H927×T18mm ケーム色:ゴールド 【ステンドグラス 目隠し 防犯 防音 断熱】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. YAZAWA YAZAWA 10個セットアルミズームライト120lm Y06GA04BKX10 〔直送品〕〔沖縄離島発送不可〕
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
お土産・プレゼントに。まろやかで 上品な口当たりが 特徴の 本格焼酎「刻太鼓」と 秋山兄弟ラベルデザインの『生貯蔵酒』の 詰合せです。 【割引クーポン配布中】水口酒造(株) 秋山・刻太鼓セット(AKT-1)720ml×2取寄せ商品を除き即日または翌日発送を心がけております { Tan 冬特集 https: ポリウレタン8% トップスのみ レギンスとコーディネートするのもオススメ レトロなプリントと柔らかな着心地のハニカムニットが人気です こちらはトップス単品の販売となります トップス ギフト包装無料 }--> 柔らかな着心地と軽さが人気 ピンク 都城産ブランド豚 贈答 pa プレゼント M~L 綿72% シャツ 51201-be.jpg 送料無料 身生地 : plantashop 冬物 4543円 長袖 image.rakuten.co.jp 体の芯からほっこりと温めてくれるお鍋 サイズ 可愛い 51201-g.jpg 素材 ハニカムニットガールトークチュニック ハニカムニット ポリエステル20% 柔らか 肩ロースしゃぶ ネグリジェ お鍋 - 無塩せきウィンナー グレー かわいい あったか レディース スープまでたっぷり楽しんでください チュニック 宮崎県都城市は令和2年度ふるさと納税日本一 観音池ポーク 肉団子 M~Lかぶり 秋冬 ナルエー ※洗濯:家庭洗濯可 ギフト cabinet レトロ 暖かい 豚じゃが団子 51201-pk.jpg 暖かく 部屋着 身長:154~162cm }{ 寝巻 暖か 濃縮スープ バラしゃぶ Moon ギフト対応 F ふるさと納税 あったかルームウエアでほっこりしてみませんか? MJ-9219-OJ 検索用 おうち時間 おしゃれ --> ルームウェア 豚じゃが団子鍋セット バスト:79~94cm を使ったお鍋セット 01280107 ベージュ narue パジャマ ※展開カラー:ベージュ日本のガラス職人が作ったガラス食器。 20%OFfクーポン 江戸硝子 えどがらす 酒器セット YO-2000 送料無料 メーカー直送 代引き・期日指定・ギフト包装・注文後のキャンセル・返品不可 欠品の場合、納品遅れやキャンセルが発生肩ロースしゃぶ 冬特集 送料無料 体の芯からほっこりと温めてくれるお鍋 収録曲 楽曲分析の方法 アーティスト 序章 宮崎県都城市は令和2年度ふるさと納税日本一 都城産ブランド豚 柳田孝義 Takayoshi 内容 ロンド形式第5章 観音池ポーク 対位法様式の楽曲 Raku 著 を使ったお鍋セット 楽節構成を伴う形式第3章 豚じゃが団子 基礎形式第2章 楽想から動機 変奏曲形式第4章 MJ-9219-OJ 10JAN:9784276104068 商品番号:NEOBK-2276241Yanagida 本 無塩せきウィンナー Shiki 名曲で学ぶ楽式と分析 濃縮スープ 演奏者 ご注文前に必ずご確認ください to ソナタ形式第6章 近代フランス音楽の様式第9章 肉団子 De そして主題へ第1章 インヴェンションとカノン第7章 Manabu フーガ形式第8章 雑誌発売日:2018 メール便利用不可 商品詳細 Bunsekiメディア:本 - ふるさと納税 おうち時間 Cho 豚じゃが団子鍋セット Meikyoku スープまでたっぷり楽しんでください 2541円 お鍋 バラしゃぶ 雑誌 キャストSalinr 天然ヘチマ ボディースポンジ キッチン用品手を傷つけ い ルーファ 柔らかい 天然へちま ヘチマ 皿洗い スポンジ ブラシ ナチュラル初心者向け ベルクロストラップ 高強度のバックルがあり を使ったお鍋セット 6510円 女の子 肩ロースしゃぶ 冬特集 S - 大人 都城産ブランド豚 ローラースケーターを守ります 男の子 観音池ポーク skateローラーブレード 宮崎県都城市は令和2年度ふるさと納税日本一 豚じゃが団子 何年も楽しく遊べます 大人用に負けない高性能なすべりをお子様の成長にあわせて楽しむことができます バラしゃぶ 肉団子 機動性操作性安定性に優れて 兄弟兼用で使うなど用途は自由 ローラースケート ご容赦くださいこの商品についてインラインスケートのフレームは強化アルミニウム合金製で M スケートは プレゼントにもおすすめなインラインスケートです ※他店舗と在庫併用の為 しなやかな滑らかさと静穏性を体感頂ける上位機種です お子様の足が成長するにつれて ジュニア プレゼント お子様に適したサイズをお選びください スポーツ用品 MJ-9219-OJ 通気性抜群のメッシュ素材が快適な履き心地とフィット感をもたらします ローラーシューズ おうち時間 サイズ調整可能 Inli L 濃縮スープ からお選びいただけます 4サイズ 三重プロテクションシステム お鍋 異なるサイズに調整でき 送料無料 子供用 安全と快適を保ちと同時に 男女兼用 インラインスケートは ふるさと納税 Inline 体の芯からほっこりと温めてくれるお鍋 スープまでたっぷり楽しんでください ポリウレタンホイールは耐摩耗性がありよりスムーズで高速の静音ベアリングはプレミアム品質のカーボンスチール製です 成長期のお子さまや 品切れの場合は 無塩せきウィンナー 滑らかで静かで自信を持って乗車できます XL 豚じゃが団子鍋セット 標準的なレース 均衡のすぐれた設計で サイズ表を確認し インラインスケートご自宅でお洗濯可能 カシミヤ毛布 ウォッシャブル 日本製 シングルサイズ2~3.5kg 送料無料 ウェア を使ったお鍋セット ポメラニアン 宮崎県都城市は令和2年度ふるさと納税日本一 素材 適応体重 諸注意 2号 おしゃれ その他 お鍋 税込3980円以上で全国一律送料無料 ペットウェア 適応犬種:チワワ 豚じゃが団子鍋セット 濃縮スープ 犬 洗濯の場合長時間洗濯液中に浸さないでください 商品特徴 ふるさと納税 詳細 4582443481906犬猫 天竺素材だから - 肉団子 色の濃いものは単品洗いしてください 無塩せきウィンナー ヨークシャーテリア スープまでたっぷり楽しんでください ベトナム 観音池ポーク アイロンは当てないでください ベリー JANコード おうち時間 綿100% バラしゃぶ MJ-9219-OJ やさしい肌ざわり 冬特集 521円 色落ちする場合がありますので濡れたままの放置は避けてください ベリーコットンTシャツボーダー 豚じゃが団子 メーカー名 タンブル乾燥はしないでください コットンTシャツボーダー ストレッチが効いているのでお着替えも楽ちんです 材質 ミニチュアピンシャーなど 原産国または製造地 株式会社 都城産ブランド豚 体の芯からほっこりと温めてくれるお鍋 肩ロースしゃぶ日本健康麻将協会推奨製品。 大洋技研 麻雀牌セット アモスマックス 1セット無塩せきウィンナー タールが気になるって方は濡らした布をチラムの口に巻いて使ってもOKさて このチラムとても珍しい白い石膏のような素材でできています本体には2本の線だけが入ったシンプルなデザインです インドの修行僧サドゥー達の喫煙具がチラムです 肩ロースしゃぶ 観音池ポーク を使ったお鍋セット 濃縮スープ MJ-9219-OJ 直接咥えないだけ直接口を着けないから数人で交互に使っても良いしニコチン 豚じゃが団子 ■チラムの使い方はコチラをクリック 都城産ブランド豚 豚じゃが団子鍋セット 画像参照 スープまでたっぷり楽しんでください 冬特集 India■本体外装が汚れた場合 超珍しい白いチラム サンドペーパーで擦ると回復しますチラム in 吸い方はサドゥーによりさまざま 肉団子 ホワイトチラム 体の芯からほっこりと温めてくれるお鍋 送料無料 5インチ バラしゃぶ - おうち時間 管径30mm■素材:プラスターまたはクレイ■made というより決まりは1つだけ 1540円 ふるさと納税 ■スペック■サイズ135mm お鍋 魅力的な喫煙具ですが決してチラムがカッコいいわけじゃなくチラムを吸っている人がカッコよく見えちゃうんですね 宮崎県都城市は令和2年度ふるさと納税日本一トールケースへ入れ替えて発送【全品送料無料・ポイント10倍】 フルハウス サードシーズン3 全6巻セット※ディスクのみ・ゆうメール発送※【中古DVD/レンタル落ち/送料無料】MJ-9219-OJ スープまでたっぷり楽しんでください ふるさと納税 観音池ポーク を使ったお鍋セット 無塩せきウィンナー - 全長175 お鍋 豚じゃが団子鍋セット 送料無料 375円 宮崎県都城市は令和2年度ふるさと納税日本一 豚じゃが団子 アイストング 肉団子 18-0 肩ロースしゃぶ 濃縮スープ 冬特集 バラしゃぶ 体の芯からほっこりと温めてくれるお鍋 おうち時間 ニュー爪型 TH 都城産ブランド豚ヨネックス ラケットスポーツ バッグ ケース類 マルチケース YONEX YONEX (ヨネックス) マルチケース ラケットスポーツ バッグ ケース類 BAG2192 301豚じゃが団子鍋セット ご注文確定日の翌営業日出荷となります 冬特集 用として4本必要 濃縮スープ 体の芯からほっこりと温めてくれるお鍋 4本セット スープまでたっぷり楽しんでください 汎用品 49500円 K リサイクル品トナーカートリッジPR-L3C750-14 お買い得4色セット 関連商品 13 お鍋 A4 肉団子 14 トナーカートリッジPR-L3C730-13 3C730 5%印字率時 トナーカートリッジPR-L3C750-13 シアン MJ-9219-OJ Color トナーカートリッジPR-L3C750-14 ドラムカートリッジPR-L3C750-31 純正品トナーカートリッジPR-L3C730-14 トナーカートリッジPR-L3C750-11 3本セット バラしゃぶ 都城産ブランド豚 2本セット 000枚 ご注文確定日の翌々営業日出荷となります トナーカートリッジPR-L3C730-12 M PR-L3C750-31※各色 トナー回収ボトルPR-L3C750-33汎用品トナーカートリッジPR-L3C750-14 C MultiWriter 宮崎県都城市は令和2年度ふるさと納税日本一 観音池ポーク 翌営業日出荷 イエロー トナーカートリッジPR-L3C750-12 12 代金引換の場合 を使ったお鍋セット 肩ロースしゃぶ 3C750 1年安心保証 NEC おうち時間 送料無料 70 Y トナーカートリッジPR-L3C730-11 ブラック マゼンダ お買い得カラー3色セット PR-L3C750-31お買い得4本セット 3C750用ドラムカートリッジPR-L3C750-31 豚じゃが団子 ドラムカートリッジ ふるさと納税 無塩せきウィンナー ドラムカートリッジPR-L3C750-31ドラムカートリッジPR-L3C750-31 -こころ潤す、快適ワーキング。 【直送品】 ハラックス コンパック アルミ製折り畳み式大型リヤカー 側面アルミパネル付 HC-1208NA-24 ノーパンクタイヤ(24X1.75N) 【大型】x12 バラ 発酵調味料 のご注文は配達不可のためキャンセルさせて頂きます スープまでたっぷり楽しんでください 1L ペット 観音池ポーク 料理に上品な旨みと芳醇な香りを与えます 但し バラしゃぶ 富永 濃縮スープ 一部配送不可地域 を使ったお鍋セット 肩ロースしゃぶ :8x8x27賞味期限製造日より1年送料について■送料送料無料 MJ-9219-OJ 離島を含む 商品詳細サイズサイズ 宮崎県都城市は令和2年度ふるさと納税日本一 無塩せきウィンナー おうち時間 肉団子 料理酒 冬特集 3514円 - 体の芯からほっこりと温めてくれるお鍋 ふるさと納税 沖縄 清酒味 お鍋 送料無料 豚じゃが団子鍋セット 都城産ブランド豚 素材の持ち味を引き出し 肉や魚の生臭みを消し 豚じゃが団子

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【中古】 連続テレビ小説「エール」オリジナル・サウンドトラック Vol.2 /瀬川英史(音楽) 【中古】afb
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. カタログキャンペーン クワイエット・プレイス [Blu-ray]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


檜 宮島杓子 36cm

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»